格闘家が摂るべきカロリー

未分類

大原則として、

消費カロリーより摂取カロリーが上回れば体重は増える。

摂取カロリーより消費カロリーが上回れば体重は減る。

運動で言うと、

摂取カロリーが多ければガソリン満タンなのでしっかり動ける。

消費カロリーが足りなければガソリンが足りないので思うように動けない。

簡単にいうと

「食い過ぎれば太るし

 食わなさ過ぎれば動けない」

そう、なので格闘家というのは

【いつもしっかり動ける様にしておく】

【体脂肪を蓄積させ過ぎない】

これを両立させたい訳です。

試合が終わったらからと言って暴飲暴食を繰り返し太った状態を作る人ってよく居ますよね。

それはよろしくないって事。

では何をするべきか?

【自分の消費カロリーを把握し、

  摂取カロリーをしっかり確保しておく】

これです。

契約体重がある自分達は、当然試合の日にはその体重に合わせなければいけない。

その減量幅が大きいほどパフォーマンスが下がる訳で、契約体重から遠のいていけばいくほど辛くなる。

よくよく考えれば分かるんだけど、

練習って強くなる為にしている訳で

減量する為にしている訳じゃないんですよね。

だったら試合が決まってないならいくら食べてもいいでしょとはならない。

そう、常に

【体脂肪が乗りすぎていない状態】

【パフォーマンスを出せる状態】

これを維持させておくべき。

というのが持論です。

まぁこれをきっちりやり過ぎるのはストレスになる人はいると思うので、太り過ぎない適度な体重に留めておくくらいでいいのかなと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧