結果が出ない時の気持ち

未分類

良い結果が出ると次ももっと頑張りたいとモチベーションが上がる。‬

‪悪い結果が出ると次もダメなんだろうと落ち込んでモチベーションが下がる。‬

‪この

正のループを回すか

負のループを回すか

で今後が決まるが

この負のループに耐えられなくて人は継続をやめてしまう。

‪結果を残す為に必要なの事は

落ちている時の【耐える力】

そして

その逆境の中でいかにストレスなく前に進んでいける様な【柔軟さ】が必要だ。

イメージで言えば

とにかく硬い、岩メンタル

【耐える力】

とにかくすぐ逃げる、鰻メンタル

【柔軟さ】

例えば、キックボクシングの試合で負けた時は、すぐに引退をしたくなる。

しかし1週間くらい経ってくると段々やりたくなってきて、引退をしようとしていた自分の浅はかさに気付く。

だから1週間くらいはとにかく辛い気持ちになってもすぐに決断をしてしまわず、とにかく耐えてみる(岩)のが吉。

負けた直後に引退をしたくなっても、もう過ぎ去ってしまったんだから、次に活かせばいいやんと開き直る(鰻)のが吉。

もちろん結果を振り返り、良い所と悪い所を洗い出す事は必要だが、それは切り替えた後でもイイし、切り替える前に洗い出してしまうのも良し。

とにかくこの【負のループ】が発生しそうになった瞬間に、この【岩】と【鰻】を使って切り抜けたろう。

因みに今自分は正にこの状態。

キックボクシングで言えば2連敗中だし

YouTubeで言えば伸びが鬼の様に鈍化。

岩メンタルと鰻メンタル発動中。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧