【刺青を消すのを一時中断した理由】

刺青

自分は一年くらい前に刺青除去レーザーをやり始めました

なぜやり始めたのかというと
出たいキックボクシング興行(knockout)に出してもらえる時があって
その時に入れ墨を隠してくれと言われていたからです

別に隠していれば良かったのですが
それがきっかけでその後に刺青を消すメリットが思いついてきて
やる決断をしたのです

メリットは

温泉に入れるとか、プールに行けるとかスタンダードな物に加えて
刺青を消す経験が出来るとか
メディアに呼んでもらえるとしたら刺青があるのとないのでは無い方が有利だなと思ったとか

そんな感じ

しかもYouTubeに上げたら興味のある人達からたくさん見られていて
応援して頂いていたので
それがモチベーションになってました

しかし最近は一時ストップしています

何故か?

それは消すきっかけだった理由が無くなったからです

出たい興行(knockout)が数ヶ月前に新体制に変わり
刺青がOKになった

しかも刺青除去をやった事によりそのデメリットも分かったから

どんなデメリットなのかというと

①鬼痛い
②お金めっちゃかかる
③労力と時間がかかる

この3つを説明すると

①鬼痛い
その時痛いだけならまだしも、2〜3週間くらいスパーや首相撲ができない

②お金めっちゃかかる
初診料5000円+一回の基本料25000円+面積1㎝×1㎝で300円
自分は左腕を一回やるだけで13万円でした

③労力と時間がかかる
一回一回にかかる時間を計算すると
麻酔1時間+レーザー1時間+痛くて動けない時間1時間+往復2時間
の計5時間程

因みにこれまで4回消しに行ったのですが、こんな感じ

人によって消え方は違うらしいので一概には言えないのは聞いていましたが
この感じだとあと一回では消えなさそう

これを考えると
消すモチベーションが低下していた訳です

それが最近消しに行っていなかった理由です

中途半端なので少なくとも途中までやった腕と手の甲のは消そうと思ってるんですけどね

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

関連記事はありません。